Googleアナリティクス非同期トラッキングコード

今回は、Googleアナリティクスの非同期トラッキングコードに関するメモです。Analyticsヘルプによると、非同期トラッキングコードのメリットは、ページの読み込み時間が短縮され、滞在時間が短い場合でもセッションを記録でき、トラッキングコードを読み込む前に発生したクリックについてもデータを収集できるとありますが、良いことづくしですね。

まずは、Googleアナリティクスでアカウントを作り、下記のようなトラッキングコードをゲットします。従来のトラッキングコードは、ページ下部の</body>タグの直前に記述していましたが、非同期トラッキングコードは<head>セクションの最後(</head>の直前)に記述します。

HTML & JavaScript

<script type="text/javascript">

  var _gaq = _gaq || [];
  _gaq.push(['_setAccount', 'UA-XXXXX-X']);
  _gaq.push(['_trackPageview']);

  (function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
  })();

</script>

基本的な指定はこれで完了です。次はバーチャルページビューの計測方法を見てみます。バーチャルページビューは、仮想URLに対するアクセスといった具合で集計されるので、ダウンロード数やPDF閲覧数などを計測することができます。バーチャルページビューを計測するには、下記のようにaタグなどのonclick属性にjavascriptのコードを記述します。

HTML & JavaScript

<a onclick="_gaq.push(['_trackPageview','仮想URL']);">

次にイベントトラッキングの計測方法を見てみます。イベントトラッキングでは、カテゴリー、アクション、ラベル、値といったパラメータを駆使することにより、ユーザーの様々な操作を計測することが可能です。かなり自由度が高いので、使い方次第で色々な場面で活躍しそうです。

イベントトラッキングの計測も下記のようにaタグなどのonclick属性にjavascriptのコードを記述します。カテゴリ、アクション、ラベルは、文字列で指定します。値は数値で指定しますが、整数でなければいけないので注意が必要です。また、ラベルと値は省略可能です。

HTML & JavaScript

<a onclick="_gaq.push(['_trackEvent', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル', 値]);">

以上でGoogleアナリティクスのレポート画面のイベントに反映されるようになります。Googleアナリティクスの新しい管理画面では、コンバージョンにイベントを設定することができるようになったので、これからはイベントトラッキングの活躍が増えそうですね。