PHPのインターフェイス

インターフェイスとは、クラスに特定のメソッドの実装を義務づけるとともに、そのクラスがそれらのメソッドを持っていることを保証するオブジェクト指向の仕組みです。機能的には抽象クラス(アブストラクトクラス)に似ていますが、インターフェイスは継承関係に縛られることなく複数のクラスに共通の仕様と資格を与えることができます。

PHPのマジックメソッド

マジックメソッドとは、オブジェクトに対して特定の操作が行われた時に自動的に呼ばれる特殊なメソッドです。マジックメソッドを使うと特定の処理に対するオブジェクトの挙動を変更することができるため、PHPでクラスを扱う上でのメリットの一つと言えます。マジックメソッドは、必要なければ省略することもできます。

PHPの抽象クラス(アブストラクトクラス)

抽象クラス(アブストラクトクラス)とは、継承されることを前提に定義する抽象的なクラスです。抽象クラスをうまく利用することにより、複数人で作業する際の仕様の統一、効率的な設計、メンテナンス性の向上など様々なメリットが生まれます。

PHPのクラスの継承

クラスの継承とは、定義済みのクラスの機能を引き継いで、新しいクラスを定義することです。このとき、継承する基のクラスをスーパークラス(親クラス、基底クラス)といい、継承して新たに作られるクラスをサブクラス(小クラス、派生クラス)といいます。継承をうまく利用することで、より効率的にプログラミングすることができます。

PHPのクラス

PHPには、オブジェクト指向プログラミングのための機能が用意されています。クラスを利用することにより、効率的なプログラミング、メンテナンス性の向上、別プロジェクトにおけるプログラムの再利用といった多くの恩恵を受けることができます。

PHPのユーザー定義関数

関数とは、簡単に言うと特定の処理をまとめたものです。関数をうまく利用することで効率的にプログラムを組むことができます。PHPには、多くの関数が予め定義されていますが、開発者自身が独自に関数を定義することもできます。開発者が定義する関数をユーザー定義関数といいます。

PHPの制御構文

PHPのプログラムの実行は、基本的に上から下へ順次実行されますが、必要に応じて条件分岐処理や反復処理といった様々な制御構造を使用することができます。

PHPのarray(配列)型

PHPで配列を扱うには、array型を使用します。PHPでは、0からの連続した整数をキーとする「添字配列」と文字列をキーとする「連想配列」に型としての区別はなく、どちらもarray型として扱われます。そのため、添字配列と連想配列を混ぜて扱うことができ、連想配列であっても順序が保証されるという特徴があります。

PHPのstring(文字列)型

PHPで文字列を扱う際には、string型を使用します。PHPの文字列は可変長文字列であるため、文字列の長さを気にする必要はありません。変数をstring型として初期化するには、いくつか方法があります。

PHPのNULL型

NULLは、変数が値を持っていないことを表す特殊な型です。NULL型の値は、値を持っていないことを表すNULLのみとなります。PHPでは、NULLの大文字・小文字は区別されないので、nullと記述することもできます。