カテゴリー:PHP

PHPのstring(文字列)型

PHPで文字列を扱う際には、string型を使用します。PHPの文字列は可変長文字列であるため、文字列の長さを気にする必要はありません。変数をstring型として初期化するには、いくつか方法があります。

PHPのNULL型

NULLは、変数が値を持っていないことを表す特殊な型です。NULL型の値は、値を持っていないことを表すNULLのみとなります。PHPでは、NULLの大文字・小文字は区別されないので、nullと記述することもできます。

PHPのBoolean(論理)型

PHPでTRUE, FALSEの真偽値を扱うには、Boolean(論理)型を使用します。PHPでは、真偽値の大文字・小文字は区別されないので、true, falseと記述することもできます。

PHPのfloat(浮動小数点)型

PHPのfloat(浮動小数点)型は、小数点を持つ実数で使用します。また、整数値でもPHP_INT_MAXの値を超えた場合は、自動的にfloat型へキャストされます。

PHPのint(整数)型

PHPは、動的型付け言語であるためActionScript3.0のように変数を宣言する際に型を指定する必要はありませんが、内部的には明確に区別されています。PHPには、uint(符号無し整数)がないため、PHPで整数を扱う際はint型を使用します。

PHPの変数 グローバルスコープとローカルスコープ

今回は、PHPの変数に関する学習メモです。PHPも、ActionScriptやJavaScriptと同じようにグローバルスコープとローカルスコープが存在しますが、その扱い方には違いがあるようです。ActionScriptやJavaScriptに慣れている私にとっては、慣れるのにちょっと時間がかかりそうです。

PHPプログラミングの基本

最近、PHPの勉強を始めました。これまでは、ActionScriptやJavaScriptといったクライアントサイドの言語しか扱ったことがなかったのですが、最近仕事でWordPressやEC-CUBEのカスタマイズをすることが多くなったこともあり、本格的に学びたいと思うに至りました。

そう簡単にマスターできるものでもないと思いますが、まずは基礎から少しずつ学んでいきたいと考えています。今回は、PHPプログラミングの基本に関する学習メモです。

3 / 3123